ホーム > 仏事の豆知識 > お彼岸に付いて

仏事の豆知識            〜目次〜

■法事について ■お盆について ■お彼岸について
■お香典について■水引と表書き

  仏事の豆知識

お彼岸について

暑さ寒さも彼岸まで・・・というように、お彼岸は四季を持つ日本にとって、穏やかで、過ごしやすい季節の訪れを感じさせてくれます。

お彼岸の期間は、春分と秋分の日を中日としてその前後3日間を合わせた1週間で、初日を「お彼岸の入り」、終日を「お彼岸あけ」といいます。
春分と秋分の日には、太陽が真東から出て、真西に沈みます。昼と夜の長さも同じになる中道の時であり、そのため中道を尊ぶ仏教がこの期間に、仏教修行の六波羅蜜を実行しなさいと定めた、いわば仏教強化週間でもあります。彼岸花

「彼岸」は、サンスクリット語の「パーラーミータ(波羅蜜多)」に由来します。パーラーとは「向こう岸」を、ミーターは、「渡る」を意味しま す。つまり「彼岸」は悟りの世界をいいます。これに対して、私達の住む迷いの世界を「此岸(しがん)」といいます。
仏教には、西方浄土といって西に極楽があると考えられています。春分と秋分の時期に、ご先祖様のご供養をするということは、心の持ちようで私達も彼岸に行くことが最も可能な時ということになるでしょう。深くご供養を心がければ、彼岸にいったことと同じことがいえるのです。
お彼岸は日本独自の習慣で、彼岸の入り前からお仏壇をきれいに掃除し、お供えをし、ご先祖様をご供養します。


六波羅蜜
「六波羅蜜」には、すべてのものに感謝する報恩感謝の精神がその裏付けになっています。
お彼岸に自分がお世話になった親やご先祖のお墓参りをするのもこの精神からです。
一、布施 (施しをすること)
二、持戒 (規律を守ること)
三、忠辱 (よく正しい心をもつこと)
四、精進 (目的に向かってたゆまず努力すること)
五、禅定 (常に平静な心をもちつづけること)
六、智恵 (智恵を磨き、智恵を働かせること) です。
これを実行し、悟りの岸である彼岸に渡れるよう反省を心に誓い、同時に先祖の冥福を祈りましょう。


彼岸の供養
お墓参りお彼岸は春・秋の二回あり、春の彼岸は3月20日(春分の日)・秋のお彼岸は9月23日(秋分の日)を中日として前後3日間を合わせて、合計7日間行われます。また初日を「彼岸の入り」最終日を「彼岸の明け」と言います。 春分の日・秋分の日 は昼夜の長さが等しく、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。その彼方にある浄土を思い、そこにいるご先祖様を偲び感謝し、自らも彼岸に到達できるよう精進する日です。
一般的には、お仏壇を美しく整え、花や水をそえ、季節の初物や、故人の好物をお供えし、毎日お仏壇に線香や灯明をあげてお参りします。
そして中日には家族そろってお墓参りをし、本尊と先祖の供養をするのが、お彼岸の美習とされています。


「ぼたもち」と「おはぎ」
お彼岸のお供えに欠かせない「ぼたもち」と「おはぎ」。
両方とも、蒸した餅米とアンコの同じ素材で作られる食べ物で、もともとは同じものだったようです。
「おはぎ」」と「ぼたもち」どうして呼び名が違うのか、それは季節の花になぞらえているからです。
つまり、牡丹の季節(春彼岸)にお供えするのが「ぼたもち」で、萩の季節(秋彼岸)にお供えするのを「おはぎ」と言います。



それでは「ぼたもち」や「おはぎ」のあんこには、なぜ小豆をつかうの?
あずきの赤色には古くから悪いものを追いはらう効果があるとされてきました。
●春は、種をまき、食物の成長を願う季節
●秋は、食物の収穫の季節
この時期にあずきを使った食べ物を食べたり、ご先祖さまに感謝することは、 自然への感謝や祈りとも深くむすびついているのです。 昔の人々は、自然を暮らしの中に上手にとりいれていました。 季節の花を意識して食べ物の呼びかたやかたちを変え、ご先祖さまの供養を行う、こうした風習は、ずっと変わらずに残していきたいものです。


ページトップへ戻る

Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.