ホーム > 仏事の豆知識 > お香典について

仏事の豆知識            〜目次〜

■法事について ■お盆について ■お彼岸について
■お香典について■水引と表書き

  仏事の豆知識

お香典について

香典とは故人に手向ける香のことですが、現在では現金を包むのが一般的となっています。
その際、新札を入れることは「この日のために用意しておいた」ととられるとの考えからタブーとされています。 やむを得ず、新札を使用する場合は、折り目を入れるようにしましょう。
通夜か葬儀・告別式に参列する場合は、受付で差し出すか焼香の際に霊前に供えます。 どちらにも参列できないときは郵送するか、後日弔問するときに持参しましょう。
郵送の場合は現金書留を利用しますが、まず現金を香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。 その際には、出席できない理由と故人を偲ぶ手紙を添えると心がこもるでしょう。


不祝儀の選び方
不祝儀袋の水引きの基本は黒白、または双銀、黒銀の結び切りでのしはありません。
包みに蓮の花の模様がある場合は仏式専用です。キリスト教では十字架と百合の花の模様の包みか、白い封筒が一般的です。神道では白無地の物を用意されるとよいでしょう。
最近は水引きが用いられることもあります。不祝儀袋の場合も、包む金額に応じた体裁のものを選びます。

        
 黒白         双銀        黄白        キリスト

香典の出し方
香典には、遺族が後で整理しやすいように住所・氏名を見やすくしっかりと書きます。また、金額も記すようにしましょう。
香典を霊前に供えるときは、表書きが自分から読める方向にします。
そして、通夜などで受付で渡すときは、相手から読める方向にして差し出します。


☆香典の金額<一般的な目安としてご覧ください>
友人・知人(※その家族も)…5000円
隣近所…3000円〜5000円
会社関係(上司・同僚・部下※その家族も)・取引先関係…5000円〜1万円
祖父母…1万円〜3万円
両親…5万〜10万円
兄弟・姉妹…3万円〜5万円
おじ・おば・その他の親族…1万円


ふくさの包み方
香典袋はバッグやポケットに入れておくと中で折れたりしわになったりすることがあります。それを防ぐために、慶弔かかわらずふくさに包むのが作法です。
色は慶弔で異なります。最近では慶事用と弔事用を一枚で両用できるふくさが市販されています。
慶事のふくさの包み方弔事のふくさの包み方







ページトップへ戻る

Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.