ホーム > 仏事の豆知識 > お盆について

仏事の豆知識            〜目次〜

■法事について ■お盆について ■お彼岸について
■お香典について■水引と表書き

  仏事の豆知識

お盆について

お盆は正式には『盂蘭盆会(うらぼんえ)』と言います。インドのサンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字で音写したもので、略して「お盆」と言います。
お盆の行事は『盂蘭盆経』に説かれている、目連尊者の話に由来します。

目連尊者はお釈迦様の弟子の中でも神通力が一番でした。
ある日目連尊者はこの神通力を使って、母親の死後の世界を覗いてみました、すると母親は餓鬼道に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいました。
そこで目連尊者はお釈迦様にどうしたら母親を救えるか尋ねてみました。するとお釈迦様は『お前の母親は生きているとき、物惜しみをして他人に施しをしなかった、代わりにお前が布施行をしなさい』と言われました。

目連尊者はお釈迦様の教えに従って、僧侶たちの夏の修行期間があける7月15日に僧侶や貧しい人々に飲食物を施したのです。するとその功徳によって母親は極楽往生がとげられました。
日蓮尊者は喜び、お釈迦様に『もし後の世の人々がこのような行事をすれば、たとえ地獄にあろうとも救われようか?』と尋ねました。
するとお釈迦様も嬉しそうに『もし考順心を持ってこの行事を行うなら必ずや善き事がおこるであろう』と言われました。

それ以来7月15日(旧暦)はご先祖様に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となりました。


お盆の期間
迎え・送り火お盆の期間は、関東などでは7月、東北や関西などでは8月と、地域によって異なります。 13日に迎え火を焚いてご先祖様をお迎えして、16日に送り火を焚いてお見送りします。


盆棚
お盆には、ご先祖様の霊をもてなすために、盆棚をしつらえることが一般的です。
盆棚は精霊棚(しょうりょうだな)ともいい、座敷や縁側に打敷やマコモを敷き、果物、野菜、花、団子などを供えます。

その中でも用意したいのが、「精霊馬」です。
精霊馬 ご先祖様が無事にあちらとこちらの世界を往復するための乗り物で、きゅうりやなすに割り箸を差して4本脚をつくり、馬と牛に見立てています。
きゅうりは足の速い馬で、ご先祖様があちらの世界から少しでも早く家へ帰ってこられるように、なすは歩みが遅い牛で、家からあちらの世界までのんびりと帰れるように、また重い供物を楽に持ち帰ってもらうためにとの願いが込められています。

お盆はご先祖様を迎えて供養する大切なひとときです。正式なものでなくても、簡単な盆棚をつくってもてなしましょう。
※盆棚は宗教、宗派、地域により作り方がことなり、浄土真宗では盆棚をつくりません。


新盆の迎え方
四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆のことを「新盆」とか「初盆」といいます。
新盆のご供養は、特に丁寧に行います。このときは、親族や故人と親しかった友人など をお招きし、お寺様に読経してもらい仏様のご供養の意味で参会者全員で食事をします。 故人の忌明けより前にお盆を迎えた時は、その年でなく翌年が新盆となります。なお、お盆 の時期はお寺様のもっとも忙しい時ですから、読経の依頼は、早めにお願いしておきましょ う。

迎え提灯 新盆には、普通の絵柄の入った盆提灯のほかに、はじめて帰ってくる仏様が道に迷われない様にお迎え提灯を飾ります。このお迎え提灯を飾るのは新盆の時だけで、お盆が終わったら燃やして処分します。
むかしは、新盆用のお迎え提灯は故人のご家族が購入し、普通の絵柄の入った盆提灯は、兄弟、親戚などから贈られていました。
しかし最近では、盆提灯を飾るスペースなどの住宅事情を考えて、兄弟、親戚などから盆提灯用にと現金で頂戴して、故人のご家族が全て用意する場合も多くなっています。
もちろん普通の盆提灯が親戚などから贈られない場合は、自分で用意する必要があります。


盆踊りの由来
お盆の終わりの時期、町内会や自治会などが中心となって組んだ櫓の周りを、ぐるぐると何時間も踊り続けたことはないでしょうか? 誰もが一度は経験がある「盆踊り」です。
しかし、どうして盆踊りを踊るのか、その理由を知りながら踊っていた方というのは少ないのではないかと思います。

盆踊り 盆踊りには、お盆の時期に戻ってきた先祖の霊を慰める、という意味があります。 元は、念仏を唱えながら踊る(もしくは、念仏を唱える人と踊る人が分かれて行う)念仏踊りと盂蘭盆会が結びつき、先祖や死者を供養するための踊りとして定着していきました。 また盆踊りは、8月15日の晩から踊り始め16日が明けるまで踊り続けます。 16日が盆明けということから、賑やかに踊り歌って先祖を送り出すという意味もあったようです。

盆踊りは日本各地で独自の進化を遂げ、発展していきます。
あの有名な徳島県の阿波踊りも、実は盆踊りなのです。
阿波踊り、秋田県の西馬音内盆踊り、岐阜県の群上八幡盆踊りの3つを合わせて日本三大盆踊りと呼ばれています。


灯篭流し
盆の祀りの期間が終わると送り火をたいて先祖の霊を送ります。
有名な京都の「大文字焼き」はこの送り火が大々的になったものです。正確には「五山の送り火」と呼び、5つの山で「大」のほかに「鳥居」「妙法」「船」の形などで送り火が行われます。
灯籠流し灯篭流しは、死者の魂を弔うために灯篭やお盆のお供え物を川に流す行事です。 日本全国で行われており、「送り火」の一種だと考えられています。 灯篭流しは昔から行われてきたものですが、近年では川や海の汚染問題に配慮し、禁止する自治体も増えてきています。
また、川の上流で流した灯篭を下流で回収するなど、灯篭流しを行う地域によって工夫がされています。



ページトップへ戻る

Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.