ホーム > お墓の豆知識 > お墓のデザイン

お墓の豆知識            〜目次〜

■お墓の購入の流れ ■墓地の選び方 ■お墓のデザイン
■墓石の価格について■永代使用料について

  お墓の豆知識

お墓のデザイン

お墓のデザインは大きく分けると「和型」「洋型」「デザイン(オリジナル)型」の3種類に分けられます。
和型は日本の伝統的な墓石の形で基本的に縦長です。それに対して洋型は横長でモダンな雰囲気を持っています。デザイン型は洋型から派生したもので、自由にデザインされたオブジェのようなお墓のことです。

デザイン(形)の選び方
基本的に墓石のデザインについては自由ですが、公営墓地・民営墓地・寺院墓地・一般墓地で定められた規定に沿う必要がありますので、事前に調べておく必要があります。
なぜかというと宗派による規定や慣習の問題もありますし、お寺の所有者であるご住職のお考えを無視してしまうと後々トラブルになることもあるからです。 そうした制約がなければ自由に選んでよいでしょう。お墓を建てる施主様のお好みで選んでも、納骨される故人を思い浮かべながら選ぶのもよいことです。

和型
昔からよく見かける、伝統的な四角いお墓のことで、最もポピュラーな形と言えます。
和型墓石は江戸時代から広く使われて、普及した親しみやすい伝統的な墓石の種類です。現在も日本の墓地の多くはこの和型墓石です。地域により形状、寸法に特徴があり種類も豊富です。
一番上に家名などを彫る竿石、次いで上台 石、中台石、そして一番下に芝石(下台石)といわれる敷石を置いた四段構造(和型四段構造)です。




洋型
最近見かけることが多くなった、背が低くて横に長いお墓のことです。
洋型墓石は見た目がモダンで、お墓としての格調も高いと言われており、最近、その数を増やしています。
洋型墓石には「○○家之墓」のように家名ではなく、「絆」とか「愛」といったメッセージを彫ったり、花のレリーフをほどこす方もいます。使われる石の種類も白、黒だけでなく赤、ピンク、緑など色々な石が使われます。それらがよく似合うのが洋型墓石の特徴です。




デザイン形
洋型、和型墓石の固定概念にとらわれない自由な発想と個性を前面に出したモニュメントのような墓石です。
サッカーが好きだった事からサッカーボールの形をしたお墓と言うように、故人の職業や嗜好品、趣味など様々なものをモチーフにしたデザイン墓石などがあります。 デザイン型墓石が登場した背景には、人生の「総仕上げ」としてのお墓は自分らしいものにしたい、という考えと「死後を含む自己決定権」という考えが、広く受け入れられるようになったということがあります。


その他の形
神道型
竿石の頭部を角垂状にしたものを使用しているところが多く、これをトキンといい、修験者がかぶった黒色の小さな布のずきんの形になっています。


五輪塔
五輪塔とは、霊魂が解脱し、成仏する姿を形にしたもので一般的には50年以上たった仏様をまつるために五輪塔が建てられることが多いようです。 五輪塔は「宇宙の五大要素(空・風・火・水・地)」を象徴を表しています。また、人の体の部分(五体)を表しているとも言われています。 五輪塔は仏塔で、お寺の五重塔と同じ役目をしています。四方正面ですから、四面に手を合わせて拝むのが本筋です。


ページトップへ戻る

Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.