ホーム > お墓の豆知識 > 永代使用料について

お墓の豆知識            〜目次〜

■お墓の購入の流れ ■墓地の選び方 ■お墓のデザイン
■墓石の価格について■永代使用料について

  お墓の豆知識

永代使用料について

墓地を利用するにはいくつかの手続きが必要です。そして、墓地には様々な利用規約があります。
この手続きや規則をおろそかにすると、「墓地が購入できない」「購入した墓地を手放さなければならない」なんてことも起こりえます。そういったことを未然に防ぐためにも、購入予定の墓地に関する、手続きと利用規約はしっかり確認しておきましょう。

永代使用料と永代供養料の違い?
永代使用料とは
墓地を永代に渡って借りる権利料のことを言いい、墓地を購入したからと言ってその土地を購入したということにはならず、その土地を管理しているお寺や霊園の所有物であり、その土地を借りているに過ぎないのです。
最初に一括で永代使用料を払うので土地を購入したような感覚になってしまいますが、実は墓地とは借りた土地に当たるのです。
また、永代使用料を払って土地の権利を取得しても、その土地を使用したかしないかに関わらず、使用料は返還されません。
その権利を返還したり破棄したとしても、永代使用料は戻ってきません。
貸したり、転売したりすることも一切出来ないので注意しなくてはいけません。

永代供養料とは
お墓参りできない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺や霊園が責任持って永代にわたって供養と管理をしてくれるお墓です。
永代供養墓は、「えいたいくようばか」あるいは「えいたいくようぼ」と呼ばれ、
一般的に他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室(棚)に安置されることから、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。
また個々のお寺によって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟(びょう)、永代納骨廟、永遠墓など様々な名称がつけられています。
永代供養墓なら費用も安く済むので、墓地や埋葬にお金をかけたくないという人にとっても、メリットがあると思います。
亡くなったあとずっと供養してもらえるという安心感も手に入れられます。

年間管理費とは何ですか?
マンションなどを購入或いは賃貸で借りた場合、管理費という費用が発生します。
これは、皆が利用する共有部分(廊下・電灯・外壁の塗装・水道管・配水管・・・)の管理や維持に使用する為に使われますが、墓地もまったく同じです。
参道の整備や水回りのメンテナンス、緑地、休憩所といった共有部分の管理を行う為に必要になってきます。 また、墓地の永代使用権を所得する際、管理規則(使用規則)には、この管理料に関する規則が記載されています。
管理料の支払いが滞り、○年以上継承者がいなくなった場合は、永代使用権は剥奪され無縁墓として整理されてしまいまう、と言うものです。
公営や民営によって支払う料金、そして支払い方法は異なってきますが、無理なく払える金額がどうかと言う事もチェックをしておきたいところです。


ページトップへ戻る

Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.