ホーム > お墓の豆知識 > 墓石の価格について

お墓の豆知識            〜目次〜

■お墓の購入の流れ ■墓地の選び方 ■お墓のデザイン
■墓石の価格について■永代使用料について

  お墓の豆知識

墓石の価格について

お墓えらびというのは一生に一度あるかないかという高額なお買い物ですので、不安に思うのも当然のことです。
しっかりとした品質のお墓を、できるだけお求めやすく購入したいと考えるのは普通の事です。 ただし、良い物を良い価格で買うには、お客様が知識をつけて石材店とお話しして良い石材店を見極めれる事も大切です。


墓石本体の価格を決める3つの要素

使用する石材の種類
お墓の値段を左右する一番大きな要素が、どの石材を使用するかということです。それによって何十万、何百万円の差が出てきます。
国産をはじめ中国、インド、ヨーロッパ、アフリカなどの産地があり、数百種類の石材があります。その石材の硬さ、吸水性、耐久性など品質に関わる部分で価格が大きく変わることと、それとは別に希少性などによっても価格は大きく変動します。

国産墓石の一例
こころの癒し絵
香川県 庵治石
こころの癒し絵
佐賀県 天山
こころの癒し絵
岡山県 龍王石
こころの癒し絵
福島県 十万石
こころの癒し絵
茨城県 真壁


海外産墓石の一例
こころの癒し絵
スウェーデン産
ファイングレー
こころの癒し絵
インド産
クンナム
こころの癒し絵
アフリカ産
ラステン
こころの癒し絵
中国産
654・グレー
こころの癒し絵
中国産
623・白


使用する石材の量(才数)
お墓の世界では石単位は「才」と表示します。一才いくら?の石材を何才使用するかで墓石だけの価格が算出できます。
「才数」とはお墓の基準となる「使用する石の量の単位」で、一辺が30.3pの立方体の容積の事です。
使用する石材の種類によって才単価が大きく変わります。


基礎工事代
お墓の工事は基礎工事も、組立設置工事も、お墓づくりの土台であり、一番大切なところです。
その場所によって地盤や地形、その他の条件は様々で、それらをよく調べた上で最適な工事内容を決めなければなりません。
また寒冷地については、寒冷地特有の凍害があり、ひび割れ、破損、お墓が傾くなど基礎コンクリートに悪い影響を与えます。そのため寒冷地対応の基礎工事が必要となります。


以上のように、「石材の種類・石材の量・基礎工事」などで墓石の価格は大きく変わってきます。
そのため、しっかりとした説明やお見積りを出してくれる石材店を選びましょう。

ページトップへ戻る
Copyright (c) 2004 OHTAYA CORP. All Rights Reserved.