太田屋ペット供養

0120-267-160(AM9:00〜PM18:00)

お問い合わせはこちらから

亡くなったペットへ最初にしてあげられること

1.亡くなった後は、早めに処置してください。(ご遺体の硬直に注意)


犬や猫の死後硬直は、我々の予想より早く手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。
遺体を放置しておくと、前・後肢がつっぱったまま硬直してしまい、棺に収まらなくなる可能性があります。ペットがなくなられたら、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

2.体をきれいにしてあげてください。


まず、毛並みや尻尾を整えます。お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげましょう。口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどできれいに拭き取って体を清めてあげましょう。
(これは、人間の場合にも起こる自然現象なので心配しないで下さい。)

3.ご遺体の安置の方法と注意点


ダンボールなどのケースに毛布やバスタオルを敷いて安置します。体液がしみ出す事がありますので、その下にペットシートやビニールを敷くとよいでしょう。そして、頭とお腹のあたりを多めのドライアイスやアイスノンでよく冷やします。


この時、バスタオルなどでペットの体を一緒に包むようにすると、保冷性が保たれます。夏場や2~3日家で安置する場合には、エアコンをなるべく低い温度で設定し、ご遺体が腐敗するのを防ぎます。
また、外気が触れないようにタオル等をかけてあげてください。ご遺体は外気が触れると腐敗が早まります。風(エアコンや扇風機も含む)にあたらない場所で安置してください。そしてお体にバスタオルを掛けてあげてください。(※重要)

ご家族様にしていただくことは以上です。保冷処置を施しても血液や体液が出てくることがあります。絶対に素手で触れないようにティッシュでふき取ってあげてください。

4.最期の時間をゆっくり過ごしてください


ペットが生前愛用していた器に、好物の食べ物とお水を入れて、ご遺体の脇にお供えものをしましょう。お花や写真、愛用していたおもちゃなどもあれば、一緒に飾ってあげると良いです。

火葬の日までは、お棺(ダンボール)の下にビニールやシーツを敷きその上に生前眠っていたときのように安らかな姿で寝かせてあげてください。この時に保冷剤(ドライアイス)でしっかり体を冷やしてあげると良いでしょう。

毎朝お水と食べ物を換えます。ペットが大好きな家族と過ごせる最後の時間です。愛情をたっぷり注いであげて下さい。お線香をたいてあげても良いでしょう。

人間と違って動物には形式がありません。お通夜というと大げさになりますが、火葬する前にご自分の心が納得、満足するように充分にお別れをする事をお勧めします。

5.祭壇の準備をしてください


必ずではありませんが火葬後には人間同様49日まで自宅で祭壇を飾られる方もいらっしゃるようです。
(※ペット用の納骨箱、 供養壇などもございます。 )

その際は、 持ち帰ったお骨(骨つぼ)や写真を祭壇に飾り付け(※納骨された場合は写真のみ飾ります)をして、 生前愛用していた器などを使って、食べ物やお水、お花などをお供えします。
お線香やローソク(ペット用などもあります)を焚いてあげるのも良いでしょう。もしおもちゃなどありましたら一緒に飾ってください。

火葬後の供養の仕方は人それぞれ異なりますが、愛するペットのため、そして自分の心が納得、満足するようなご供養をしてください。


犬が死亡したときの注意点

生後90日以上の犬、つまり畜犬登録(ちくけんとうろく)が済んでいる犬が死んだ場合は、ペットが死亡してから30日以内に、保健所に廃犬届(はいけんとどけ)を提出して登録を抹消(まっしょう)する手続きが必要です。

これは狂犬病予防法に基づくものですが、登録抹消を怠ると、「集合注射の案内」や「注射の督促状」の送付が毎年届いてしまいます。登録を抹消する際は、鑑札、および狂犬病予防注射済証の返却が必要となります。最近ではインターネットを通じた電子申請ができる自治体も増えているようです。

飼っていた犬が純血種で血統書登録していた場合は、登録されている犬種団体にも死亡連絡が必要です。血統書の裏面に死亡年月日と飼い主の氏名住所を記入し、当該犬種団体に送付します。血統書を記念として残しておきたい場合は、裏面にその旨を書いておけば手続き終了後飼い主の元に返送されてきます。

狂犬病にかかった犬、あるいはかかった疑いのある犬またはこれらの犬にかまれた犬については保健所に引き渡さなけ

1.届け出に必要なもの

届け出に必要なものは、楕円形の金属プレートの犬鑑札、四角い金属プレートの狂犬病予防注射済票、死亡届です。死亡届は役場のホームページからダウンロードできることが多いので、チェックしましょう。犬鑑札がない場合には犬鑑札紛失届を添付することもあるので、確認が必要です。

本来は返却するべき鑑札や狂犬病予防注射済票ですが、いつも身につけていたものだからこそ思い出の品として手元に残しておきたいという人は、窓口などで相談してみるのもいいでしょう。注射済票ならいいですよということもあるかもしれません。もちろん、決まりなので返却してくださいといわれることは覚悟した上での相談です。

死亡届は市区町村の用紙によって若干異なりますが、登録した犬の生年月日又は年令、性別、毛色、種類、登録年度、登録番号、死亡年月日は必須項目です。記入間違いがないよう、必要な書類などをあらかじめ準備しておくといいですね。

やり方がよくわからなかったり、不安な場合は窓口に行って手続きをした方が安心です。郵送手続きに対応しているところもあるので、忙しくて時間が取れない人は不備がないかよく確認した上で利用しましょう。電子申請を利用する場合でも、鑑札などの返却物は郵送しなくてはいけないので、注意してください。
株式会社太田屋
〒394-0044
長野県岡谷市湊5-9-3
■Tel.0120-267-160
■Fax.0266-23-1819

【お問い合わせ時間】
■午前9:00~午後6:00
■定休日/年中無休(不定休あり)
■お問い合わせフォームは24時間  受け付けております。