限りなくその先を求めて

ご質問

「家族葬」って少人数のお葬式のこと?

 お身内だけで少人数で故人を送るお葬式は、確かに「家族葬」という言葉のイメージに近い形かとは思います。ただ、故人の大切な一生は、ご家族だけではない多くの「人とのつながり」で創られたことも確かです。お葬式の後になって「お別れができなくて残念だった」と言われることは、ご遺族にとって心の負担を生むことになり、決して「納得いくお別れ」とは言えなくなってしまうかもしれません。かといって、もちろん人数が多ければいいわけでもありません。
 ご家族にとっての故人、そしてご縁のあった方々にとっての故人。その両方を考えてイメージすることが「納得いくお別れ」のために必要なことだと思います。

ページトップへ戻る

お葬式は少人数での"家族葬"を考えていますが、何か気を付けることはありますか?

 最近"家族葬"と呼ばれるようになった、ご家族ご親族を中心に、故人を少人数で送るお葬式をなさる方は、確かに増えつつあります。ただ、その際には知っておいていただきたいことがあります。 それは、お葬式の後で訃報を知って、ご自宅にお参りに来て下さる方々が相当数いらっしゃるケースが多い事です。
 誰もが、ご生前は多くの方々との関係の上で生きています。ご家族がよくご存じの方々ばかりではなく、様々な方々が故人とのお別れをしたいと思っていらっしゃるものです。
「どうして知らせてくれなかったの・・・。」
「私もお別れしたかったのに・・・。」
 後からそのような声をかけられることが多くなり、予想外に心を痛めることになる方も少なからずいらっしゃることも事実です。もちろん、最も近しいご家族ご親族とのお別れは大切ですが、その他にもお別れの機会を望んでいる方々がいらっしゃることもお考えいただいた上で、より納得できるお葬式の形を選択なさることが望ましいと思います。
 諏訪地域での長年の経験を踏まえて、個別の悩みや疑問にお答えします。

ページトップへ戻る

最近「家族葬をした」という話を聞きますが 「家族葬」とはどんなお葬式ですか?

 「家族葬」という言葉が広まり、今までとは違う特別なお葬式の形ができたように受け止める方もいらっしゃいますが、ご家族やご親族といった身内の方々と「近親者」を中心に、比較的少人数の参列者でおくるお葬式を、最近は「家族葬」と呼ぶようになりました。ですので、「近親者」の範囲は各ご家庭によって異なり、「どの範囲の方々まで来ていただくのか」が決められているわけではありません。

 身内ではないけれど、子どもの頃からずっとお世話になってきた近隣の方々、忘れることのできない学生時代の思い出を共有する友人たち、職場で長年一緒に頑張ってきた同僚等々、ご家族やご親族以外の、人生にとって大切な意味を持つ「かけがえのない方々」は、人によって異なります。その方々は、故人にとっては大切な「近親者」と言えるかもしれません。

 「昔はお父さんと、こんな馬鹿なことをしたよ…。」「お母さんを男友達で取り合ったもんだよ。」きっと、子どもが知ることのなかった親の姿を、思い出として胸に刻んでいる方々も多いことでしょう。故人の数十年という人生の中に積み重ねられた様々な思い出。そのひとつひとつを共有する「近親者」の方々を中心におくって差し上げるお葬式。それを「家族葬」と呼ぶのではないかと思います。

ページトップへ戻る

"自分らしいお葬式"をしたいのですが、 どんなことに気をつけて考えればよいでしょうか?

 お葬式のことは、いざとなってから初めて考えると時間の制約が大きな要素となり、思っていることを形にするのが難しくなる場合がございます。ですので、特にご自身のお考えに基づき"自分らしいお葬式"をしたいとのお気持ちがある場合には、あらかじめお考えになることは大切だと思い ます。

 ただ、その際には、是非一度考慮していただきたいことがございます。それは、ご家族をはじめとするご縁のある方々にとって「あなたが亡くなること」が持つ意味です。ご自身が感じている「自分が亡くなること」の意味とは当然異なりますので、"どんなお葬式にしたいのか"についての考え 方も違ってくる可能性があるからです。

 例えば、ご自身は"無宗教で身内だけで送ってもらえればいい"とお考えになっているとしても、ご家族にとって「夫であり、妻であり、親であるあなたが亡くなること」の意味は、それでは済ませられないかもしれません。精一杯に生きた自分の夫なのだから、生前にお世話になった人達にも見送ってもらえるようにしたい、これからもずっと妻への供養をし続けたい、いつも見守ってくれていると感じられる形をつくりたい等々、あなたの人生に深く関わった人達だからこそ感じる、あなたへの思いがあるはずです。ご自身のお考えはもちろん大切ですが、それだけではなく、周囲の方々の思いも同様に大切なのではないでしょうか。

 本当に「納得のいくお葬式を」とお考えになるならば、そのような方々の存在にも改めて目を向け、ご自身お一人だけではなく、周囲の方々、特にご家族にご自身のお気持ちを伝えていただき、他の方々の思いも感じた上でお考えいただくことが望ましいと思います。

ページトップへ戻る
Copyright (c) 2004 Ohtaya Corp.All Rights Reserved.